リリエイゴ〜楽しく英会話〜


リリエイゴとは

記事一覧

メール

リリーニュース

Riri Inoue'blog in English

リリレシピ・世界の料理

Riri-Inoue web site/井上リリーHP 世界地図

2006-03-26

[] 英語造語

バス男 [DVD]

バス男 [DVD]

外国人も、日本人と同じように、日々新しい言葉を創造しています。

ナポレオンダイナマイト(邦題:バス男)も、「ライガーライオンタイガー。たしか、しっぽあたりでマジックを使える)」などという未知の動物を創造していましたし、カナダの親戚ベンジャミンや元彼バルジンダルはほぼ毎日下らない造語作りに夢中でした。

造語マニアは、自分の力作造語を人々に広めることで頭がいっぱい。あたかもその言葉存在するかのように話してきます。そのおかげでどれほど私が恥をかいたかわかりません。だいたい、私はどれが造語でどれが造語でないかが区別がつかないので、言われるがまま、教えられるがまま使って、そんな造語を知る由もない人々にへんな顔をされるのです。

しかし、英語造語だなんて、ちょっと楽しそうじゃない!?まあ、そんなことを勉強したって、TOEFLの成績はまったく伸びませんが、、、。

造語作りのヒント

  • 手法1:複数の単語を一つに:internesting :インタネスティング

これは私が引っ越し中、インターネットプロバイダー探しをしていたときにバルジンダルが作った造語です。くだらなくて説明するまでもないですが、internetにinterestingなわけです。当時私はinternesting girl と呼ばれていました。

これはベンジャミンがよくやる手口です。ここぞという時に、言葉を入れ替えます。通常英語圏の人は驚くと”Oh, ジーサス!”と叫びますが、そういう時に"Oh, ゼウス"と叫びます。周りの人は二重にびっくりします。あまりマニアックすぎる単語に入れ替えると、周りがなにも反応しなくてつまらないので、手加減する事が重要です。

バルジンダルと道をあるいているときに、かにもマリワナでふらふらそうな人を見かけた時の事。"See, he is marihuanaing"と、バニーが言いました。私はてっきりそう言う動詞があるのかと思って、その後も使っていたところ、後日そんな動詞存在しない事が判明。手法としては一番簡単でいいかもしれません。